スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトリール療法

アミグダリン(B17)は、枇杷の葉だけでなく、枇杷の種、アンズの種、梅の種、アーモンド、アルファルファ、プルーン、たけのこ、玄米、大豆、小豆、蕎麦、ゴマなどに広く含まれております。
米国の生化学者、アーネストクレブス博士はアンズの種子からアミグダリンを抽出し結晶化して、これを「リトリール」と名付けました。
この「リトリール」を用いた治療方は、「ビタミンB17療法」、「コントレラス療法」、「リトリール」療法と呼ばれ、コーヒー浣腸療法や水飲用療法、菜食療法等と組み合わされ、ガン等の治療に数々の実績を残しております。
アーネストクレブス博士は、食生活の偏りによるアミグダリンの欠如が代謝活動に異常をもたらしていると警告しております。
そして、これが免疫力・抗菌力の低下につながり、ガンだけでなく心臓病・糖尿病など成人病の原因になると指摘しています。
長寿国の人々がアンズの種や枇杷の種を大切にしていたことは広く知られております。

ビワの葉の薬理作用
アミグダリンが奏功するメカニズム
アミグダリンが体内に入ると、がん細胞の中に多量に含まれているベータ・グルコシターゼという特殊酵素によって加水分解され、青酸とベンツアルデヒドとが遊離します。
がん細胞はこの二つの物質の相乗毒性により破壊されてしまうのですが、正常細胞にはローダネーゼという保護酵素があって両物質を無害な物質に変えてしまうため影響を受けません。
顕微鏡で見ると、ガン細胞がまるで殺虫剤をかけられたハエのように死んでいくそうです。
また、アミグダリンが分解されて出来る安息香酸は、「抗リウマチ」「殺菌」「鎮痛」に効果を発揮するそうです。 中でも鎮痛作用は絶大で、末期ガンの痛みを和らげたり、神経痛や捻挫の痛みなどにも効果を上げています。

ビワの葉の4つの効果
以上、ビワの葉の効果をまとめると、
 1.抗ガン作用
 2.鎮痛作用
 3.殺菌作用
 4.血液浄化作用
となります。

--[PR]--------------------------------------------------------------------------
ガンとの闘いに私は克った!「週間ポスト」元編集長の関根進氏が自らの著書で世界的に認知されてる抗ガン漢方薬・天仙液を・・・・・。

 
私は絶対あきらめない!ガンに勝つ最新治療。資料を無料でお送りしております。
---------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
7432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ダイエット
2119位
アクセスランキングを見る>>
スキンケアランキング

powerd by もしランク

リンク
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
スイーツ

powerd by もしランク

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。